読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私流わくわく見聞録

見たり、聴いたり、知ったり、思ったり感じたこと等々を綴っていきます。

信じぬくんだ!

 

信じぬくんだ たとえひとりになっても

 

キングコングの西野さんの本、いまなら無料で読めるよ~」

と家族に教えられ

spotlight-media.jp

 

おお~西野さん、太っ腹~♪と感謝しつつ

早速読みました。

 

 

話が進むにつれハートが温かくなり、

涙腺が、、

 

絵も良かったです。

 

以上、感想手短にしました。 

 

ハートが寒い方、読んでみてください。

お勧めです。

* 

 

信じぬくんだ たとえひとりになっても

 

この言葉

今の自分に捧げたい言葉でした。

 

 

信じぬきたいものは

彼氏、夫、子ども、先生、愛、教育、お金 等々

 

皆さん色々だと思いますが

 

私の場合は 自分です。

 

どこかで自分を信じているのだけれど

なかなか信じれない時があるんです。

 

特に権威のある人と意見が違ったりすると顕著ですね(泣)

 

自分が間違っている。

と思って、それ以上意見が言えなく

なってしまうことも。

 

 

だからこそ

 

自分を信じぬきたい たとえひとりになっても

 

 

自分を信じること⇒自信

 

「一生折れない自信のつくり方」の

著者 青木仁志氏がおっしゃるには

 

 

自信とは、その人の、その人自身に対する肯定的な「解釈」や「思い込み」である。

 

 

つまり、「自分は出来ている」とか「自分は大丈夫」

と思い込むことが大切のようです。

 

 

以前、それほどハンサムでもない男性が

自分はハンサムなんだ!

と言い切ったのを聞いたことがあります。

 

f:id:dg26:20170121225553j:plain

 

 

ただ自信があるからか堂々としていましたね。

そして、その姿にハンサムさを感じたのを覚えています。

 

 

思い込んだ方が

人生楽しいような気がします。

 

 

「自信がある人」とは「自己信頼」という思い込みをしている人

 

「自信がない人」とは「自己否定」という思い込みをしている人

                         by青木仁志

           

 

 どんな思い込みをしましょうかね~

 

 

 

 最後まで読んでくださって有難うございました。