読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私流わくわく見聞録

見たり、聴いたり、知ったり、思ったり感じたこと等々を綴っていきます。

運命がたいてい開けてくる方法

日々生活していると誰しも

「自分は運が悪いのかな~」と思えるほど

物事がうまくいかない時があります。

 

そんな時

 

頑張りが足りない??

いや、もしかしたら普段の行いが良くないのかも。。

 

と頭を抱えている自分に自問しまくり、

ちょっとしたイジメのような時間を

過ごしていくことありませんか。

私はあります(^^;

 

そして最終的には【時】という

魔法によって解決されることが普通にあります。

 

 

作家の曽野綾子氏(85歳)は著書「人間の分際」の中で

『うまくいかない時』の考え方について語っています。

 

私はうまくいかない時はいつも神様から

「お前は別の道を行きなさい」

という指示があったと思うんですね。

f:id:dg26:20170110012309j:plain

神さまからの指示なら素直に別の道に行けそうです!

 

 

だから運が悪い場合は 

そこでぐずぐず悩むのではなくて

運命をやんわり受け入れられる心理でいたい。

 

そこで、次の運命に協力的になる。

 

確かに今の運命を受け入れられてこそ

次の運命に協力的になれます。

 

 

自分で望んだわけではないけれど

それによって神さまは私に何をご期待ですか?

と考えるわけですね。

そうすると、たいてい運命が開けてくるものです。

 

 

思い通りにいかなかった時にこそ、

どう考えるか、どう行動するのかが大切なんですね。

 

そして、それによってその後の人生、

運命がぜんぜん違ったものになっていく。。

としたら、

 

やっぱり開けた運命を歩んでいきたいですね。

 

 

最後まで読んでくださって有難うございました。