読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私流わくわく見聞録

見たり、聴いたり、知ったり、思ったり感じたこと等々を綴っていきます。

妄想癖VS心が読める能力

高台家の人々』を観ました。

 

人の心が読めるテレパシー能力をもつ

イケメンエリート高台光正

 

妄想癖があるOL平野木絵

のラブコメディ映画。

 

以前、お客さんから薦められていた映画だったのですが、

やっと観ることが出来ました(*´▽`*)

 

 

高台光正

 

・人の心が読める能力

・イケメン

・エリート

 

この3拍子揃っているだけで凄いのに

斎藤工さんが演じているので特別感が半端なかったです!

 

 

そして主人公の平野木絵

 

一見いたって平凡な凡人にみえますが

じつは妄想癖がある。という設定

綾瀬はるかさんが演じています。

 

映画をみながらですが

 

彼女の超ハイパーな【妄想】も

ひとつの能力だと

私は確信に近いものを感じました。

 

f:id:dg26:20170107235838j:plain

 

なぜなら彼女の妄想は

自分自身が楽しくなる、

頑張れるような妄想だったのです。

 

ピンチをチャンスに変えるような妄想(*'▽')

 

 

 

「心が読める」能力を持っている高台光正は

普段から、人の心のつぶやきが聞こえていて、

 

その心のつぶやきの

殆どがネガティブなものだったのです。

(映画の中で描かれています)

 

 

現実的にも心の中の言葉まで

意識している人は本当に少ないと思います。

 

人には聞こえないので

まさに野放し状態だと(^^;

 

 

映画はラブコメなので

ドキドキ、ワクワク、ゲラゲラしたのは

もちろんのこと

 

時々、心が温かくなってウルウルしたりしました。

 

 

この映画をみて心に芽生えたものがあります!

 

それは

 

心の中の言葉にも意識を向けていこう!でした(^.^)

 

 

最後まで読んでくださり有難うございました。